WordPressにパンくずリストを設置するプラグイン Breadcrumb NavXT


WordPressにパンくずリストを設置するプラグイン「Breadcrumb NavXT」を使ってみました。デフォルトだとパンくずリストが無いのでね。設定も楽ですのでオススメですよ。

パンくずリストとは何か

パンくずリスト(breadcrumb list)は、ウェブサイト内でのウェブページの位置を、ツリー構造を持ったハイパーリンクの一覧として示すもの。[疑問点 – ノート]パンくずナビ、トピックパス、フットパスとも言う。英語では単に“breadcrumbs”または“breadcrumb navigation”というのが一般的である。
ウェブディレクトリのような大規模なウェブサイト内で、利用者がサイト内での現在位置を見失わないようにし、ナビゲーションを助けるために使われる。「パンくずリスト」という名前は、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように通り道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来する。

Wikipedia

このブログで言うとこの部分です。
パンくずリスト

ブログを訪れた人が今自分がどこにいるのかを視覚的にわかるように階層順にならべて表示したものですね。パンくずリストを設置することによってユーザビリティも上がり直帰率も減るのでは無いかと思います。同じカテゴリの別の記事にも興味をもってもらえる可能性がありますからね。

また、検索エンジンのクローラーの手助けにもなり、さらには内部SEOにも有効のとことです。

SEO云々は置いといても、パンくずリストは無いよりはあったほうが絶対良いので当ブログでもプラグインを使って設置してみました。

パンくずリストプラグイン Breadcrumb NavXT


WordPressのダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」と進み、「Breadcrumb NavXT」と入力して検索。表示されたらインストールして有効化します。

次に設定です。

Breadcrumb NavXT 設定画面
Breadcrumb NavXT 設定画面

「Link Current Item」のチェックは外します。
Yesになっていると今いるページにもリンクが貼られてしまいますので。

次に「Home Template」の部分ですが、当ブログではこのように変えました。

titleタグは吹き出しが出て鬱陶しいので削除。
サイトタイトルだと長ったらしいので「トップページ」に変更。
あとはご自分のブログの環境に合わせて設定してください。
一行で入力しなければいけないので、一度テキストエディタ等に移して編集するほうが楽かもしれません。

設定が完了したらソースコードを追加します。
「外観」>「テーマの編集」へ進み、「header.php」の一番下に下記コードを追加します。

表示させる位置についても、当ブログではheader.phpの一番下にしましたがこちらも適宜変更してください。

Googleの構造化データテストツールで検証


Breadcrumb NavXTのマークアップは「schema.org」のものを採用しているのですが、昨年ようやくGoogleが「schema.org」にも対応したとの事です。なので一応Googleの構造化データテストツールで検証します。

Structured Data Testing Tool  |  Google Developers
URLを入力して「取得して検証」をクリック。
構造化データテストツール

「問題ありません」と表示されればオッケーです。
構造化データテストツール結果

「問題ありません」が出たのでちょっとホッとしましたwww

以上でWordPressにパンくずリストの設置は完了です。
簡単でしたね。

ではでは

関連記事:WordPressが有能すぎて鼻血が出そうwww


「WordPressにパンくずリストを設置するプラグイン Breadcrumb NavXT」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA