デジカメの選び方 | 高倍率?高画質?


デジカメ
当店でも中古デジカメの取扱をはじめました。

そこで、カメラ歴30年以上のベテランスタッフによるデジカメの選び方を纏めてみましたのでご参考下さい。

デジカメの選び方


デジカメを選ぶというのは、多種多様なモデルがある中でいろいろ迷うものです。また、スマホのデジカメ機能は、年々高画質が得られるようになってきました。そんな中で、デジカメの世界も変化が見られるようになってきましたね。いろいろな特色を各メーカーが打ち出してきております。

~高倍率ズーム~

これは、スマホでは得られない機能です。最近は35mmフィルム換算で2000mmものコンデジが登場しております。(標準が50mmですので、40倍も大きく撮影ができます。)

~高画質~

画質というのは、なかなかわかりづらい部分かと思いますし、大体は画素数で判断することが多いかと思います。しかしここでのポイントは以下の2つをあげました。まずは「映像素子」のサイズです。昔で言うとフィルムの大きさですね。

現在一番小さいのは「1/2.3型」です。大体手の小指の爪くらいの大きさです。当然、映像素子が大きくなれば高画質につながるわけです。
次に「RAW」撮影が可能か否かです。高画質タイプのカメラには「RAW」撮影が可能となっています。

コンデジを選ぶ際にはほぼ高倍率ズームを求めるのか、高画質を求めるのかの2者択一となります。また、最近はこの傾向がより強い方向で新製品が出てきております。両方を求める場合はデジイチで何百万円という投資が必要かも・・・(笑)撮影シーンによって選択するように、2-3台を所有してはいかがでしょうか?

~ちょっと注目してほしいスペック~

●35mmフィルム換算での焦点距離

映像素子の大きさによって焦点距離というのは変わってきます。これをわかりやすく基準値に合わせたものが35mmフィルム換算での焦点距離となります。35mmフィルム換算での焦点距離において「50mm」が標準距離、50mmより小さいほうが「広角側」、大きいほうが「望遠側」となります。望遠側において数値が大きければ大きいほどそれだけ寄った写真が撮れます。

●映像素子

一般的には「画素数」のほうばかりに注目してしまいますが、ちょっとこちらのほうにも注目してみてください。映像素子とは昔でいえばフィルムのサイズにあたる部分です。感覚的にこのサイズが大きければ、画質的にも向上すると考えて間違いはないでしょう。チョイ前までは「1/2.3型」が主流でした。これは、35mmフィルムのサイズが「36mm×24mm」ですが、1/2.3型は単純に相似比(対角線の距離)にて1/2.3の大きさとなります。大体、手の小指の爪くらいの大きさです。最近は、この映像素子の大きさを大きくしたモデルが多く出てきており、より高画質化が見られます。詳しくは、http://takuki.com/gabasaku/CCD.htmにて。

そして、ちょっと計算・・・??
1/2.3型で1800万画素、1/1.7型で1000万画素どちらが高画質??ここで考えるのは画素一つ一つの大きさです。

前者は小さな映像素子に多くの素子が詰まっている感じ、後者はチョイ大きな映像素子に多少余裕をもって素子が詰まっている感じですね。つまり、各素子の大きさは後者のほうが大きいということになります。各素子が大きければ、それだけ色の情報量が多くなるということになるんです。たぶん・・・ということで、画素数では小さいですが、後者のほうが高画質タイプということになります。

●RAW


デジカメで採用している画像の種類は「JPEG」と「RAW」の2種類です。

一般的にはJPEGはすべてのデジカメに、RAWは一部のデジカメに採用されています。RAWだけのデジカメは無く、JPEGとセットで採用されてます。JPEGは、細かい色データを圧縮し、容量を小さく済むようにしていますが、RAWは圧縮していないものとなります。

そして、一般的にこのRAW画像を見る場合は「現像ソフト」を介して行います。また、RAWの特徴として各メーカー間の互換性がありません。たとえばCANONで撮影したRAW画像をNIKONの現像ソフトで見ることはできません。

ところでRAWなんて使う必要性があるの??って思うかもしれませんがもうチョイおつきあいくださいね。

JPEGで色調補正などをすると画質が必然的に下がってきます。大体は撮影モードにて補正をしてくれますが、明るさとか色調とかもう少し理想的な写真を求める場合に現像ソフトを使って自分好みの写真にできるのです。「現像ソフト」はRAW対応カメラに付属していますので是非使ってみてくださいね。(メーカーによってはダウンロードという形もあります。)そんなに難しいことはありませんので・・・また、各メーカーが独自に現像ソフトを作っていますので、その点もちょっと注目してみると面白いです。

以上、デジカメの選び方でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA